2014年9月7日日曜日

ソニーがXperia Z3シリーズ3機種を発表-薄型化に加え、PS4のリモートプレイに対応

ドイツ・ベルリンの展示会「IFA 2014」のプレスカンファレンスでソニーが
発表した最新モデルのフラッグシップスマートフォン「Xperia Z3」シリーズが、
2014年秋以降に日本でも発売されるということです。

今回は発表された「Xperia Z3」シリーズは3種類で、メインの「Xperia Z3」と、
コンパクトモデルである4.6型の「Xperia Z3 Compact」、そして、8型の
タブレットである「Xperia Z3 Tablet Compact」です。

CPUなどの端末スペックは、Xperia Z2から大幅にはバージョンアップ
されていないような感じですが、幅と薄さが0.9ミリのスリム化されて
薄型化を実現しています。

また、形が少し変わって持ちやすくなっているようです。

Xperia Z3シリーズのプロモーション動画はこちら。



Xperia Z2から大幅にはバージョンアップされていないとはいえ、
Xperia Z3にはプレイステーション4(PS4)のリモートプレイが
できる機能が搭載されていますので、PS4を持っているのなら、
オススメのスマホだと思います。

Xperia Z3が、PS4のリモートプレイに対応(動画あり)

一応、Xperia Z2でもPS4のリモートプレイに対応するかもしれないという
話ですが、いつになるか分かりませんし、Xperia Z2から乗り換えるというのは
勿体ないような気もしますが、Xperia Z1からなら乗り換えてもいいのかなと
いう気はします。

なお、Xperia Z3はドコモ・au・SoftBankから発売予定で、Xperia Z3 compactは
ドコモから発売される予定となっています。

今回からソフトバンクでもXperiaが扱われるようになっています。

ソフトバンクでもXperiaを扱うようになったのは、ソニーがアメリカで苦戦している
のが原因のようで、ソフトバンクがアメリカで買収した通信会社でもXperiaを扱って
もらうというのが狙いのようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿