2014年11月23日日曜日

白猫プロジェクトは4ヶ月で2000万ダウンロード突破

今年の7月14日から配信されているコロプラの白猫プロジェクトですが、たった4ヶ月で2000万ダウンロードを突破しています。

現在、2000万ダウンロードのキャンペーンで、ログインボーナスがジュエル5個と巻物、武器ルーンが各1個ずつもらえるので、かなりいいですね。

2000万ダウンロードのキャンペーンはもうすぐ終わりますが、25日から27日までは2100万ダウンロードキャンペーンで、ジュエル5個+冒険入門書~ゴールドがもらえますので、まだまだログインするだけでお得です。

ログインボーナスは、チュートリアルの1章をクリアしないともらえませんので、良いキャラと良い武器が出るまでリセマラしている段階ではログインボーナスは受け取れません。

私は☆3キャラと☆3武器で妥協したので、リセマラはしていませんが、キャラガチャ30回ぐらいで、☆4キャラが2個出ています。

まあ、最初に☆4キャラが出たのは27回目で、2体目の☆4キャラは29回目だったので、連続して出たって感じですが…

その後、また、☆4キャラは出なくなったのでアレですが、☆4キャラが2体あると、結構戦えます。

☆4キャラが出る確率は3%ぐらいと言われていますので、課金しないとなかなか☆4キャラを何体も出すのは難しいですが、クリア報酬やログインボーナスなどでもジュエルをもらえますので、無課金でも時間をかければ充分遊べる内容となっています。

白猫プロジェクトはスタミナもなく、時間を気にせずに遊べますので、ゲーマーにはピッタリのゲームかなという気がします。

まあ、私は、そこまで時間がないので、毎日2,3時間しかプレイしていませんが…

白猫プロジェクトのプレイ日記はこちら

2014年9月18日木曜日

艦これ車版ともいえるスマホゲーム「車なごコレクション」が事前登録開始-iPhone、Android対応

DMMの「艦隊これくしょん~艦これ~」が大ヒットしていますが、今度は
自動車メーカーの枠を超え、実在の車を擬人化したスマホ向けゲームである
「車なごコレクション(しゃなごこれくしょん)」が今秋リリースされます。

「艦隊これくしょん」では、実在した艦船を擬人化した「艦娘(かんむす)」
たちが登場しますが、この「車なごコレクション」では、車を美少女に
擬人化したキャラクターである「車なご(しゃなご)」たちが登場します。

「車なごコレクション」のメーカーは、自動車関連総合情報サイトを運営する
オートックワンで、SBIホールディングスの子会社となっています。

自動車関連総合情報サイトを運営しているというだけあり、トヨタ、日産、
ホンダ、マツダ、三菱自動車の5社から車種名の使用などの承認を得ている
ということで、9月10日の発表時に5車種が登場しています。

ホンダはフィット、トヨタはパッソ、ニッサンは電気自動車のリーフ、
マツダはアクセラ、三菱はアウトランダーPHEVとなっています。

9月21日には、更に、4車種を追加発表する予定ということで、続々と
車なごキャラクターを増やす見込みのようです。

そんな「車なごコレクション」ですが、現在、事前登録を受付中です。

事前登録をすると、ゲーム内での課金アイテムである「トークン」を
6枚ゲットすることができます。

車なごコレクションの公式サイトはこちら。

http://syanago.com/


Androidスマホ無料ゲーム人気ランキングはこちら。

http://androidスマホ無料ゲーム.rankcchi.com/


車なごコレクション、個人的は結構やってみたいですね。

艦隊より、車のほうが馴染みがありますし。

車なごコレクションはiPhone,iPadなどのiOSと、Android端末に
対応した基本プレイ無料のスマホゲームになっています。

ios6以上
主な端末:iPhone4以上、iPad2以上

Android 4.0.3以上
GALAXY S II LTE以上、Xperia NX以上、ARROWS Z以上

2014年9月7日日曜日

ソニーがXperia Z3シリーズ3機種を発表-薄型化に加え、PS4のリモートプレイに対応

ドイツ・ベルリンの展示会「IFA 2014」のプレスカンファレンスでソニーが
発表した最新モデルのフラッグシップスマートフォン「Xperia Z3」シリーズが、
2014年秋以降に日本でも発売されるということです。

今回は発表された「Xperia Z3」シリーズは3種類で、メインの「Xperia Z3」と、
コンパクトモデルである4.6型の「Xperia Z3 Compact」、そして、8型の
タブレットである「Xperia Z3 Tablet Compact」です。

CPUなどの端末スペックは、Xperia Z2から大幅にはバージョンアップ
されていないような感じですが、幅と薄さが0.9ミリのスリム化されて
薄型化を実現しています。

また、形が少し変わって持ちやすくなっているようです。

Xperia Z3シリーズのプロモーション動画はこちら。



Xperia Z2から大幅にはバージョンアップされていないとはいえ、
Xperia Z3にはプレイステーション4(PS4)のリモートプレイが
できる機能が搭載されていますので、PS4を持っているのなら、
オススメのスマホだと思います。

Xperia Z3が、PS4のリモートプレイに対応(動画あり)

一応、Xperia Z2でもPS4のリモートプレイに対応するかもしれないという
話ですが、いつになるか分かりませんし、Xperia Z2から乗り換えるというのは
勿体ないような気もしますが、Xperia Z1からなら乗り換えてもいいのかなと
いう気はします。

なお、Xperia Z3はドコモ・au・SoftBankから発売予定で、Xperia Z3 compactは
ドコモから発売される予定となっています。

今回からソフトバンクでもXperiaが扱われるようになっています。

ソフトバンクでもXperiaを扱うようになったのは、ソニーがアメリカで苦戦している
のが原因のようで、ソフトバンクがアメリカで買収した通信会社でもXperiaを扱って
もらうというのが狙いのようです。