2013年6月23日日曜日

ファブレットの定義とは



ファブレットは、フォーン(Phone)とタブレット(Tablet)を
掛けあわせた造語で、英語ではPhabletと綴るようです。

要は、電話ができる大画面のスマートフォンということですね。

タブレットは基本電話機能はないので、7インチ未満でも
ファブレットではなく、タブレットなんだと思います。

ファブレットの定義は曖昧ですが、およそ5インチ以上、
7インチ未満の画面を持ったスマートフォンということのようです。

5インチ以上のスマートフォンは結構発売されているので、
ファブレットに振り分けられるスマホもそれなりに
あるんじゃないかなと思います。

ギャラクシーSシリーズは結構でかいので、ファブレットに
分類されるものも多いでしょうね。

そのほかでは、ELUGA power P-07Dや、HTC J butterfly HTL21なんかも
ファブレットというくくりに入るんでしょうね。

まあ、でも、でかさだけでくくると、なんかややこしいですね。

個人的にはスマホの5インチ以上はちょっとでかいと思うので、
家で使うならいいですが、持ち歩くのはどうなんだろうって感じです。

外では5インチ以下のスマホで、家ではタブレットかPCって
感じでいいと思いますけどね。

それに、でかくなると、電池の持ちも悪くなりそうですし…

もっとも、バッテリーもでかくすれば、電池の持ちは良くはなりますが、
重さとかも気になりますし、スマホのでかいのはどうかなって気はします。