2011年10月27日木曜日

スマートフォンのメーカー別シェア

モバイル向け広告を手がけるMillennial Media社が自社の
広告表示数を元に発表した調査結果によると、
スマートフォンのメーカー別シェアは、
1位がAppleで、全体の23.09%、2位がSamsungで16.48%、
3位がHTCで15.50%、4位がRIMで11.05%、
5位がMotorolaで10.70%、6位がLGで9.14%、
7位がHUAWEIで3.05%、8位はNokiaで2.14%。
その他は1%未満という結果になっているようです。

日本ではXperiaは売れているような感じですが、
ソニー・エリクソンは11位で0.53%という結果になっています。

これを見ると、日本企業は全くないですね。

一応、10位にKyocera(0.56%)とかが入っていますが、
1%のシェアもとれないなんて情けないですね。

まあ、これは長年ガラパゴス携帯化した日本の携帯市場が問題なんでしょうけど、
完全に世界からは乗り遅れたなって感じがします。

まあ、スマホ用エロビデオ動画が見れれば、個人的にはどのスマートフォンでも良いとは思うけど、やはり売れているスマートフォンにはそれなりの理由があるんでしょうね。
iPhoneのようにブランドであったり、サムスンのように高性能で安かったりと。

0 件のコメント:

コメントを投稿